single-mother-part-time-full-time

仕事・資格

シングルマザーはパートか正社員かどちらが良い?|おすすめの働き方を解説

シングルマザーは自分の収入で家計を支えなければなりません。

そのため、働くのにパートか正社員か悩む方が多いですよね。

子どものことを考え、なるべく融通のきくところで働きたい、でも、お金は多く欲しい・・・というのが本音でしょう。

今回は、シングルマザーがパートか正社員か、おすすめの働き方を解説していきます。

関連記事母子家庭で貧乏が辛い|この生活を抜け出したいんです
関連記事2022年完全版|シングルマザーにおすすめの資格ランキングTOP5をご紹介!

シングルマザーはパートか正社員かどちらがいい?

single-mother-part-time-full-time

平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告 (mhlw.go.jp)

厚生労働省が行ったアンケートでは、正社員とパートの割合がほぼ同じとなっています。

yuri
まず、第一に考えるのは子どものことですよね。

正直なところ、子どもが病気になったときや、急に休まなければならないときに融通がきくかどうかが、パートか正社員を選ぶ大きなポイントです。

yuri
なかなか好条件の職場って無いのだけど、これが本音というか、そうするしかないですもんね。

はじめに、パートと正社員のメリットを見ていきましょう。

パートで働くメリット

  • シフトの融通がきくシフト制のところが多いので大事な日に休める
  • 短時間で働くことができる
  • 残業がない

子どもが小さいシングルマザーにとっては、パートで働くのが最適と言えるでしょう。

短時間で働くことができ、子どものお迎えにも行きやすいだけではなく、その合間に家事をすることもできるでしょう。

yuri
時間に追われているシングルマザーにとっては嬉しいですよね。

また、シフト制のところが多いため自分で休日を決めることができ、子どもが体調を崩した日にも休みやすいのが大きなメリットです。

しかし、パートでは社会保険や雇用保険などの福利厚生が受けられない場合が多いところです。

そのため、自分で保険に加入する必要があるでしょう。

また、雇用期間が三か月など決められているため、人手不足のところでなければ次を探さなければいけませんので、長期で安定した収入を得るのは難しくなります。

働き続けられたとしても、子供が大きくなるともっと収入が欲しくなります。

パートでは条件的に満足できなくなってくる事もあるでしょう。

正社員で働くメリット

  • 福利厚生が充実している
  • ボーナスや昇給がある
  • パートよりも収入が高い
  • 雇用期間に期限がない

シングルマザーにとって、正社員で働くメリットは、”福利厚生が充実していること”、”収入が安定していること”が大きいです。

また、安定して働くことができ、年に2回ボーナスがあるので金銭面での不安も解消されるでしょう。

(※ボーナスは会社の業績が良くないと出ないので、貰える前提で考えないほうが賢明です)

しかし、正社員は週5回のフルタイムで働く必要があり、残業もある可能性が高いです。

そうなると、保育園へ子どものお迎えに行くことも難しくなりますし、急に休むことができない場合もあります。

yuri
お金の安定を望むと、子供を預けなければ叶わないなんて、、、

関連記事シングルマザーのお金不安解消法|乗り越えて幸せになろう

シングルマザーはパートか正社員かどっち?|労働条件で仕事を探しましょう

single-mother-part-time-full-time

どの働き方にもメリット・デメリットが存在します。

しかし、パートか正社員か?で探すのではなく、社会保険や労働保険などの労働条件を重視して仕事を探してみましょう。

パートでも社会保険・労働保険に加入できる?

簡単に社会保険と労働保険の説明をします。

【社会保険】

  • 健康保険
  • 医療保険
  • 厚生年金
  • 年金保険
  • 介護保険

【労働保険】

  • 雇用保険
  • 労災保険

実は、パートやアルバイトでも週20時間以上の労働をしていれば、社会保険と労働保険に加入できるのです。

社会保険・労働保険に加入していれば、失業をしたときに”失業手当”や”傷病手当”を受け取ることができます。

万が一のときのために、社会保険と労働保険が完備してあるところで働くことをおすすめします。

yuri
面接の時に聞いておくといいですね。

正社員登用制度があるところを探す

「今はパートがいいけど、子どもが大きくなったら正社員で働きたい」という方は、”正社員登用制度”があるところを探しましょう。

正社員登用制度はアルバイトでも対応している場合もあります。

正社員登用制度があるところで働くことができれば、最初はパートで働いて、子どもが大きくなったら正社員に変更することが可能になり、次の仕事を探す手間がなくなります。

yuri
地域限定社員へ変更するチャンスがある企業もありますよ!!

また、慣れている環境と職場仲間がいるところで働くことができるので、先進的負担も軽くなるでしょう。

関連記事シングルマザーの苦しい末路を回避するための方法4選|生活を安定させるには?
関連記事母子家庭はずっとパートで生活していける?|パートから抜け出す方法を解説

シングルマザーはパートか正社員か迷う|収入でカバーできないところは国からの手当に頼る

single-mother-part-time-full-time

いくら保険に加入できても、実際の収入では心細いという方も多いですよね。

そんなときは、国の自治体から受け取れる手当や助成金を確認しましょう。

シングルマザーが受け取れる可能性のある手当はこちらです。

  • 児童扶養手当
  • 児童育成手当
  • 特別児童扶養手当
  • ひとり親家族医療費助成制度
  • ひとり親家庭住宅制度

母子家庭等関係 |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

yuri
自分が手当をもらえる対象か確認し、すぐに申請しましょう。

また、分からない場合は市役所に行って相談するのも良いですね。

関連記事シングルマザーの苦しい末路を回避するための方法4選|生活を安定させるには?
関連記事母子家庭で貧乏が辛い|この生活を抜け出したいんです

パートか正社員かシングルマザーさんが迷うのは当然です|自分と子どもに合った働き方をしよう

single-mother-part-time-full-time

働くのにパートか正社員か悩んだ場合は、まず社会保険と労働条件を確認しましょう。

また、お子さんの年齢と自分のキャパに合ったところを選ぶことをおすすめします。

いくらお金がないからといって、無理に正社員で働き、体を壊してしまうと子どもにも迷惑がかかります。

yuri
無理したりダブルワークして倒れることは結構聞きますよ、気をつけてくださいね。

「大変だけど、なんとかやっている」というシングルマザーはたくさんいますので、みんな頑張っていますよね。

筆者としては、在宅ワークはきちんと確立されたらいいなと思っています。

シングルマザーさんに限った事ではないですが、メンタルが参ってしまったり、健康面で不安な方だっていらっしゃいます。

在宅の求人やZOOM面接が一般的になったら、シングルマザーさんの疲労も不安も減るかも知れませんね。

保育園に子供を預ける事ができたら、時間の融通がある程度利くところでシッカリとお給料を頂いて働けたらと感じます。

頼れるものは頼り、自分を大切に働ける場所を探してみてくださいね。

関連記事2022年完全版|シングルマザーにおすすめの資格ランキングTOP5をご紹介!

-仕事・資格

error: Content is protected !!